※本記事にはプロモーションが含まれます

このページを見た人が得するキャンペーン情報

2024年1/17まで「GoGoキャンペーン」を開催してるよ!

  • 2024/1/17までに端末セット契約すると端末価格が110円~の大セール
  • 2024/1/17までに契約するとプラン料金が契約から3ヶ月間300円割引
  • 2024/1/17までに契約すると使えるギガが契約から3ヶ月間20%増
  • 2024/1/17までに契約するとかけ放題がすべて3ヶ月間410円割引

>> IIJmio公式サイトはこちら

ワイモバイルからIIJmioに乗り換える方法と乗り換えるメリット・デメリットを教えて。

ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えを迷っている人、デメリットがないか心配な人、乗り換え方がわからない人はこの記事を参考にしてください。

今回は、ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えのメリット・デメリット、IIJmioに乗り換えた方が良い人、具体的な乗り換えの流れについて解説します。

\ 2024/1/17まで割引+ギガ増!業界最安6GB月690円 /IIJmio公式サイトはこちら

各社からIIJmioへの乗り換え方、メリット・デメリットを知りたい人は以下を参考にしてください。

目次 [ close ]
  1. ワイモバイルとIIJmioのかんたんな比較
  2. ワイモバイルからIIJmioに乗り換えるデメリット
    1. デメリット1.IIJmioのセット割の方が割引額が小さい
    2. デメリット2.IIJmioだと店舗サポートが受けられない
    3. デメリット3.IIJmioの方が通信速度が遅くなる場合がある
    4. デメリット4.SIMロック解除の必要があるかもしれない
    5. デメリット5.IIJmioの支払いはクレジットカードのみ
    6. デメリット6.Yahoo!プレミアムが無料で使えなくなる
    7. デメリット7.キャリアメール(@ymobile.ne.jp)が無料で使えない
    8. デメリット8.その他、IIJmioで利用できないサービスがある
  3. ワイモバイルからIIJmioに乗り換えるメリット
    1. メリット1.IIJmioはセット割引がなくても料金が安い
    2. メリット2.IIJmioのかけ放題は種類が多くて充実している
    3. メリット3.IIJmioの端末セットキャンペーンでスマホが安い
    4. メリット4.IIJmioは低速モード切り替えでギガを節約できる
  4. ワイモバイルからIIJmioに乗り換える手順と必要なもの
    1. ワイモバイルからの乗り換えでIIJmioに申し込む流れ
    2. IIJmio申し込み後の審査からSIM設定までの流れ
  5. ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えに関する注意点
    1. ワイモバイルからIIJmioの乗り換えにかかる手数料は?
    2. ワイモバイルで購入したスマホの残債の支払いはどうなる?
    3. ワイモバイルショップでもIIJmioに乗り換えられる?
    4. ワイモバイルを解約した月の月額料金は日割りされる?
    5. どのタイミングでIIJmioに乗り換えると得なの?
    6. ワイモバイルにSIMカードを返却する必要はある?
  6. ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えがおすすめな人

ワイモバイルとIIJmioのかんたんな比較

まず、ワイモバイルとIIJmioをかんたんに比較します。

ワイモバイルIIJmio
手数料 契約事務手数料3850円3300円
 SIMカード発行料無料D:433.4円
A:446.6円
 eSIM発行料無料220円
 機種変更手数料3850円無料
 契約変更手数料無料無料
 電話番号変更手数料3850円
 名義変更手数料3850円無料
 SIMカード再発行料3850円2200円
 SIMロック解除手数料3300円
基本料金 料金プラン(月額)4GB:2365円
20GB:4015円
30GB:5115円
ギガプラン
 2GB:850円
 5GB:990円
 10GB:1500円
 15GB:1800円
 20GB:2000円
 ギガ追加購入(1回)0.5GB:550円/当月まで1GB:220円/当月まで
 通話料22円/30秒11円/30秒
※ファミリー通話割引:8.8円/30秒
 かけ放題(月額)10分:880円
完全:1980円
5分:500円
10分:700円
完全:1400円
割引 セット割(月額)おうち割光セット(A):1650円割引mio割:660円割引
 家族割(月額)家族割引サービス:1100円割引なし
 カード支払割(月額)PayPayカード割:187円割引なし
支払い方法 クレカ、口座振替クレカ
機能 データ繰り越し翌月まで可能翌月まで可能
 データシェア最大3回線まで※
※音声通話非対応
最大10回線
 低速モード切り替えなしあり
 バースト転送機能なしあり
 その他
契約・仕様 契約方法公式サイト
店舗
公式サイト
取扱店
 最低利用期間なし次月末日まで
 通信速度
(みんそく)
通常時:74Mbps
制限時:1Mbps/300kbps
通常時:53Mbps
制限時:300kbps
 利用回線ソフトバンクドコモ、au
 5G対応無料無料
 eSIM対応無料無料
 サポート方法店舗、電話、チャット電話、チャット

ワイモバイルからIIJmioに乗り換えるデメリット

まずは、ワイモバイルからIIJmioに乗り換えたときのデメリットや注意点を押さえましょう。

  • デメリット1.IIJmioのセット割の方が割引額が小さい
  • デメリット2.IIJmioだと店舗サポートが受けられない
  • デメリット3.IIJmioの方が通信速度が遅くなる場合がある
  • デメリット4.SIMロック解除の必要があるかもしれない
  • デメリット5.IIJmioの支払いはクレジットカードのみ
  • デメリット6.Yahoo!プレミアムが無料で使えなくなる
  • デメリット7.キャリアメール(@ymobile.ne.jp)が無料で使えない
  • デメリット8.その他、IIJmioで利用できないサービスがある

デメリット1.IIJmioのセット割の方が割引額が小さい

「家族でワイモバイルを使っている」「ソフトバンク光を使っている」という人がワイモバイルからIIJmioに乗り換えると、以下のセット割引の対象外なります。

  • 家族割引サービス(2回線以上):1100円割引/月
    家族でワイモバイルを利用すると最大9回線まで対象になる(家族割引サービスの加入が必要)
  • おうち割光セット(A):1650円割引(シンプル2Sの場合1100円割引)/月
    ワイモバイルとSoftBank光(SoftBank Air)を利用することで家族全員が対象になる
    おうち割でんきセット(A):最大1100円割引(25ヶ月移行は最大550円)/月
    ワイモバイルとソフトバンクでんきを利用することで、1回線ごとに110円割引の対象になる(最大10回線)
  • PayPayカード割:187円割引/月
    PayPayカードで料金を支払うと対象になる

「家族割引サービス」は1回線目が定価料金で、2回線目以降が割引対象になる(シンプルS/M/Lは188円割引、他は550円割引)。
「おうち割光セット(A)」は1回線目から割引対象になる(シンプルS/M/L以外は550円割引)。「おうち割でんきセット(A)」は25ヶ月目以降は1回線55円割引になる。

ワイモバイルの基本料金は、各種セット割引の適用前用後で以下の違いがあります。

ワイモバイルシンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
定価料金税込2365円税込4015円税込5115円
データ通信量4GB20GB30GB
超過後の速度300Kbps1Mbps1Mbps
セット割適用後税込1078円税込2178円税込3278円
セット割割引額1287円割引1837円割引1837円割引
その他

割引額はシンプル2Sが最大1287円、シンプル2M/Lが最大1837円です。

一方、IIJmioにもIIJmioひかりとセット契約すると、IIJmioひかりの月額料金が660円安くなるmio割があります。

mio割はIIJmioひかりの料金が安くなる割引だから、IIJmioを複数契約しても割引額は同一の660円だよ。

ワイモバイルのセット割は最大1837円なので、IIJmioに乗り換えると割引額が小さくなってしまいます。

デメリット2.IIJmioだと店舗サポートが受けられない

ワイモバイルはソフトバンク(ワイモバイル)ショップでサポートを受けられ、ワイモバイル取扱店で新規契約などが行なえます。

一方、IIJmioには契約ができるIIJmio取扱店はありますが、実店舗がないためサポートも電話やオンラインチャット中心です。

そのため店舗で対面サポートを受けたいなら、IIJmioに乗り換えるのはデメリットになります。

デメリット3.IIJmioの方が通信速度が遅くなる場合がある

ソフトバンクとIIJmioを比較すると、IIJmioの方が通信速度が遅い場合が多いですね。

以下は主なキャリアの朝「5:00-8:59」、昼「12:00-12:59」、夕方「16:00-18:59」、夜「20:00-22:59」、深夜「0:00-4:59」の平均通信速度です。

下りドコモahamoソフトバンクLINEMOスター
モバイル
auUQモバイルワイモバイルpovoペンギン
モバイル
日本通信
SIM
楽天
モバイル
OCN
モバイルONE
nuro
モバイル
リンクス
メイト
mineoイオン
モバイル
IIJmioLIBMOBIGLOBE
モバイル
151Mbps109Mbps107Mbps96Mbps109Mbps97Mbps65Mbps75Mbps72Mbps31Mbps97Mbps51Mbps70Mbps49Mbps38Mbps59Mbps48Mbps44Mbps93Mbps19Mbps
121Mbps72Mbps58Mbps76Mbps5Mbps46Mbps60Mbps77Mbps64Mbps12Mbps12Mbps51Mbps30Mbps22Mbps4Mbps6Mbps15Mbps8Mbps1Mbps2Mbps
夕方141Mbps103Mbps87Mbps81Mbps43Mbps85Mbps69Mbps70Mbps76Mbps15Mbps46Mbps55Mbps62Mbps50Mbps33Mbps22Mbps40Mbps35Mbps5Mbps8Mbps
111Mbps92Mbps60Mbps95Mbps68Mbps57Mbps63Mbps66Mbps60Mbps13Mbps58Mbps45Mbps50Mbps53Mbps36Mbps34Mbps43Mbps41Mbps0Mbps21Mbps
深夜130Mbps66Mbps103Mbps65Mbps103Mbps83Mbps105Mbps74Mbps76Mbps168Mbps88Mbps52Mbps59Mbps47Mbps36Mbps54Mbps41Mbps49Mbps54Mbps47Mbps

赤線は10Mbps未満、オレンジ線は20Mbps未満、黄色線は30Mbps未満。すべて小数点以下切り捨て。

時間帯別で見ると、ソフトバンクの方が圧倒的に通信速度が速いことがよくわかります。

IIJmioの平均通信速度は遅いわけじゃないけど、時間帯別の通信速度に問題があるよ。

ワイモバイルはどの時間帯も通信速度が速くて安定しています。一方、IIJmioは昼12時台の通信速度が極端に遅く、8Mbpsしかありません

IIJmioはドコモまたはau回線を借りて使っているため、ドコモよりも通信速度が速くなることはありません。IIJmioの通信速度は以下で解説しています。

デメリット4.SIMロック解除の必要があるかもしれない

SIMロックとは、ドコモなど大手キャリアで購入したスマホをドコモ回線などでしか利用できないようにロックした状態のことです。

ソフトバンクはソフトバンク回線、IIJmioはドコモ・au回線なので、IIJmioに乗り換える場合はSIMロック解除の必要があるかもしれません。

SIMロックスマホの確認方法やSIMロックの解除方法は以下で解説しています。

デメリット5.IIJmioの支払いはクレジットカードのみ

ワイモバイルの支払い方法は、クレジットカード(デビットカード)、口座振替などがあります。

一方、IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみです。また、IIJmio契約者名義とクレジットカードの名義が同一でないと利用できません。

IIJmioの支払いや請求に関する詳細は、以下でまとめて解説しています。

デメリット6.Yahoo!プレミアムが無料で使えなくなる

IIJmioに乗り換えると、ワイモバイル料金に含まれていたYahoo!プレミアムが無料で利用できなくなります

Yahoo!プレミアムが必要な人は新たに契約してください。Yahoo!プレミアムの特典内容は「ワイモバイルユーザーのYahoo!プレミアム会員特典」を確認してください。

Yahoo!プレミアムを利用したい人は、有料で新しく登録しなおす必要があるんだね。

デメリット7.キャリアメール(@ymobile.ne.jp)が無料で使えない

IIJmioに乗り換えると、ワイモバイルのキャリアメール(@ymobile.ne.jp)を無料で使えなくなります。

キャリアメールが必要な人は、IIJmioに乗り換える前にソフトバンクのメール持ち運びオプション(330円/月)に契約してください。

ただ、キャリアメールは不便だから、Gmailヤフーメールを使った方がいいと思う。

デメリット8.その他、IIJmioで利用できないサービスがある

上記以外にも、ワイモバイルからIIJmioに乗り換えると利用できなくなるサービスがあります。

  • ソフトバンクWi-Fiスポット
  • 位置ナビ
  • 一定額ストップサービス
  • 一定額ストップ通知
  • 一定額お知らせサービス
  • 着信規制/発信規制
  • Apple Watch モバイル通信サービス

ワイモバイルからIIJmioに乗り換えるメリット

次は、ワイモバイルからIIJmioに乗り換えたときのメリットについて見ていきます。

  • メリット1.IIJmioはセット割引がなくても料金が安い
  • メリット2.IIJmioのかけ放題は種類が多くて充実している
  • メリット3.IIJmioの端末セットキャンペーンでスマホが安い
  • メリット4.IIJmioは低速モード切り替えでギガを節約できる

メリット1.IIJmioはセット割引がなくても料金が安い

ワイモバイルからIIJmioに乗り換える一番のメリットは、月額料金が安くなることです。IIJmioの料金プランは、以下の5つがあります(ギガプラン)。

IIJmio2ギガプラン5ギガプラン10ギガプラン15ギガプラン20ギガプラン
月額料金税込850円税込990円税込1500円税込1800円税込2000円
データ通信量2GB5GB10GB15GB20GB
超過後の速度※300Kbps300Kbps300Kbps300Kbps300Kbps
※IIJmioの通信速度制限はギガ超過またはクーポン残量なしorクーポンオフ状態の場合

一方、以下がワイモバイルの料金プランです。ワイモバイルはセット割が強力なので、割引適用後はIIJmioと比べても料金に大きな差がありません

ワイモバイルシンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
定価料金税込2365円税込4015円税込5115円
データ通信量4GB20GB30GB
超過後の速度300Kbps1Mbps1Mbps
セット割適用後税込1078円税込2178円税込3278円
セット割割引額1287円割引1837円割引1837円割引
その他

ただし家族で複数回線契約しない人、ソフトバンク光やソフトバンクエアーを使わない人にとっては、ワイモバイルの料金は高いですね。

ワイモバイルは割引有りじゃないとコスパが低いね。

メリット2.IIJmioのかけ放題は種類が多くて充実している

ワイモバイルとIIJmioのかけ放題オプションを比較すると以下の通りです。

5分かけ放題10分かけ放題完全かけ放題
ワイモバイル税込880円税込1980円
IIJmio税込550円税込700円税込1650円

IIJmioのかけ放題は5分・10分・完全かけ放題の3種類なので、ワイモバイルより充実しています。また料金もIIJmioの方が安いですね。

しかも今なら、キャンペーンですべてのかけ放題が3ヶ月間410円引きになります。つまり、5分かけ放題は90円、10分かけ放題は290円、完全かけ放題は1240円です。★

このページを見た人が得するキャンペーン情報

2024年1/17まで「GoGoキャンペーン」を開催してるよ!

  • 2024/1/17までに端末セット契約すると端末価格が110円~の大セール
  • 2024/1/17までに契約するとプラン料金が契約から3ヶ月間300円割引
  • 2024/1/17までに契約すると使えるギガが契約から3ヶ月間20%増
  • 2024/1/17までに契約するとかけ放題がすべて3ヶ月間410円割引

>> IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioのかけ放題オプションの詳細とキャンペーンについては、以下を参考にしてください。

メリット3.IIJmioの端末セットキャンペーンでスマホが安い

ワイモバイルは多くの端末を扱っていますし、オンラインショップ独自のキャンペーンも開催しています。

一方、IIJmioも端末を販売していて、端末販売に力をいれています。

とくにIIJmioの端末セットキャンペーンは、業界内でもっともお得にスマホを購入できるとキャンペーン言っても過言ではありません。

セール比較だと、楽天モバイル≧IIJmio>ワイモバイルかな、個人的に。

メリット4.IIJmioは低速モード切り替えでギガを節約できる

ワイモバイルには、ギガが節約できる低速モード(切り替え)やバースト転送機能がありません。

  • 低速モード(切り替え)
    高速通信が必要ないときに自分で低速モードに切り替えてギガを節約できる
  • バースト転送
    低速時に初速のみ自動で高速通信ができ、WebサイトやSNS表示が速くなる

低速モードとバースト転送はセットみたいなものだよ。

一方、IIJmioには低速モードとバースト転送があり、ギガ節約に役立ちます。IIJmioの低速モードとバースト転送の詳細は以下を参考にしてください。

\ 2024/1/17まで割引+ギガ増!業界最安6GB月690円 /IIJmio公式サイトはこちら

ワイモバイルからIIJmioに乗り換える手順と必要なもの

ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えの申し込みの流れ、手順、必要なものを把握しましょう。

  • ワイモバイルからの乗り換えでIIJmioに申し込む流れ
  • IIJmio申し込み後の審査からSIM設定までの流れ

ワイモバイルからの乗り換えでIIJmioに申し込む流れ

ワイモバイルからの乗り換えでIIJmioに申し込む流れは以下の通りです。

STEP1
SIMのみ契約か端末セット契約か決める

自分でスマホを用意するか、IIJmioでスマホを購入するかを決めます。

STEP2
必要に応じてSIMロック解除を行う

自分でスマホを用意する場合は、必要に応じてSIMロック解除を行います。

STEP3
SIMカードかeSIMどちらにするか決める

物理的に差し込むSIMカード、ネット上で設定できるeSIMのどちらを使うか決めます。

STEP4
本人確認書類等必要なものを用意する

乗り換えに必要な運転免許証などの本人確認書類を用意します。

STEP5
MNP予約番号を取得する

今使っている通信事業者からMNP予約番号を発行してもらいます。

STEP6
IIJmio公式サイトから申し込む

IIJmio公式サイトから申し込んでください。

IIJmioへの乗り換えに必要なもの、乗り換えの申し込み方法など一通りの詳細を知りたい人は、「IIJmioへの乗り換えの流れ」を参照してください。

画像を使った具体的な乗り換えの流れ、必要なものや注意点などを解説しています。

IIJmio申し込み後の審査からSIM設定までの流れ

また、乗り換え申し込み後の審査からSIMカードの設定までの流れは以下の通りです。

STEP1
IIJmioの審査が行われる

申し込み内容に不備や問題がないか、審査が行われます。

STEP2
SIMカードが発送される

申し込み内容に不備がなければ、最短3-4日でSIMカードが配送されます。

STEP3
回線をIIJmioに切り替える

他社からIIJmioの回線に切り替えます。回線切り替えは、電話で行います。

STEP4
SIMカードをスマホに挿入する

使用するスマホのSIMサイズに合わせてSIMカードを取り外し、スマホに挿入します。

STEP5
IIJmioのAPN設定をする

IIJmioを開通するための設定を行います。

こちらも「IIJmioへの乗り換えの流れ」で一通りの詳細を解説しています

ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えに関する注意点

ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えでよくある質問について確認しましょう。

  • ワイモバイルからIIJmioの乗り換えにかかる手数料は?
  • ワイモバイルで購入したスマホの残債の支払いはどうなる?
  • ワイモバイルショップでもIIJmioに乗り換えられる?
  • ワイモバイルを解約した月の月額料金は日割りされる?
  • どのタイミングでIIJmioに乗り換えると得なの?
  • ワイモバイルにSIMカードを返却する必要はある?

ワイモバイルからIIJmioの乗り換えにかかる手数料は?

MNP転出手数料は2021年4月1日に廃止されたため、乗り換えに手数料はかかりません。

乗り換え先のIIJmioは、初期費用として契約事務手数料3300円、SIMカード発行料としてタイプD433.4円、タイプA446.6円、eSIM220円のいずれかがかかります。

ワイモバイルで購入したスマホの残債の支払いはどうなる?

ワイモバイルでスマホを購入して支払い残債が残っている場合は、引き続きワイモバイルに対して割賦で支払いを続ける必要があります。

残債の一括支払いをしたい場合は、ワイモバイルショップ(ソフトバンクショップ)で手続きをするか、My Y!mobileから手続きを行ってください。

My Y!mobilの手続きは、「端末代金の残金を一括で支払うことはできますか?|よくあるご質問(FAQ)|Y!mobile」から行います。

ワイモバイルショップでもIIJmioに乗り換えられる?

ワイモバイルショップに行っても、IIJmioには乗り換えられません。ワイモバイルショップでできるのは、MNP転出手続き(MNP予約番号発行)のみです。

MNP予約番号は、ワイモバイルショップ、My Y!mobil、ワイモバイルカスタマーセンターで取得できます。

ワイモバイルカスタマーセンター
  • 電話番号
    151(ワイモバイルの電話)
    0570-039-151
  • 受付時間
    9:00-20:00(年中無休)

MNP予約番号を発行してもらったら、後はIIJmio公式サイトからIIJmioの契約手続き(乗り換え手続き)を行います。

ワイモバイルを解約した月の月額料金は日割りされる?

ワイモバイル解約月の月額料金は日割りされません。解約日が1日でも、末日でも、満額請求です。

ちなみに、ワイモバイルからIIJmioに乗り換えをした場合、IIJmioに切り替わった日が「IIJmio契約開始日=ワイモバイル解約日」になります。

IIJmioでSIM設定を行って、IIJmioが開通すると同時にワイモバイルが解約になるよ。

どのタイミングでIIJmioに乗り換えると得なの?

ワイモバイル解約月の月額料金は日割りされませんが、IIJmio契約開始月の月額料金は日割りされます。そのため、ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えは月末がお得です。

乗り換えにかかる時間は、申し込みをしてから3-4日ほどと考えてください。

月末ギリギリだと次月初にずれるかもしれないから、余裕を持って乗り換えた方がいいよ。

ワイモバイルにSIMカードを返却する必要はある?

ワイモバイルでは、解約後にSIMカード返却する必要はありません。

使わなくなったSIMカードには個人情報が残っているため、ハサミやシュレッダーをなどで裁断してから処分するのがおすすめです。

ワイモバイルからIIJmioへの乗り換えがおすすめな人

最後に、ワイモバイルからIIJmioへ乗り換えた方が良い人、乗り換えなくて良い人をまとめます。

ワイモバイルからIIJmioへ乗り換えた方が良い人
  • 家族3人以上で利用する予定がない人
  • ソフトバンク光などの回線を使わない人
  • 昼の通信速度が遅くても構わない人
  • 低速モードでギガを節約したい人
  • オンラインサポートで問題ない人

IIJmioの特徴はプラン料金が安くてコスパがトップクラスに高いこと、端末セット契約でスマホが安く購入できること、ギガ節約方法が色々あることなどです。

IIJmioは格安SIMの中でコスパ最強。通信速度をそこまで気にしない人にはベストな選択肢の1つだよ。

ワイモバイルからIIJmioへ乗り換えなくて良い人
  • ワイモバイルのセット割条件を満たす人
  • どの時間帯も安定した速度でスマホを使いたい人
  • 店舗でサポートを受けたい人
  • 口座振込で料金を支払いたい人

ワイモバイルの特徴はセット割で格安SIMに近い料金になること、通信速度が安定して速いこと、店舗サポートがあることなどです。

セット割が適用されれば、一部の格安SIMより安く店舗サポートを受けられますし、どの時間帯も通信速度が速くて安定しているのは魅力です。

セット割の条件を満たしていて、使っているギガがぴったりな人はワイモバイルのままでもいいかも。

ただし、ワイモバイルのセット割条件を満たしていない人は、すぐに乗り換えた方が良いでしょう。

「昼の通信速度が多少遅くても問題ない」「他の時間帯の通信速度は平均以上」という環境であれば、IIJmioは良い選択肢です。

しかも今なら2024年1/17までに契約するとプラン料金3ヶ月間300円割引+かけ放題3ヶ月間410円割引キャンペーン★を行っています。

たとえば5ギガプランだと6GB使えて月690円なので激安ですね。しかも、スマホセールも同時開催されていて最大19600円引き、最安の端末は110円で購入できます。

もし乗り換えをしたくないなら、2台持ちやデュアルSIMでもかなりお得だと思います。キャンペーンが終了する前に早めに契約をしてください。

\ 2024/1/17まで割引+ギガ増!業界最安6GB月690円 /IIJmio公式サイトはこちら

より詳しくIIJmioを知りたい人は、以下で特徴やメリット・デメリット、口コミ評判を紹介しているので参考にしてください。